短期滞在ビザの「親族訪問」と「知人訪問」の違いがわかる2つの要点

短期滞在ビザの「親族訪問」と「知人訪問」の違いがわかる2つの要点

海外で暮らす友人や恋人、親族、取引先を日本へ短期間(90日間以内で)招待するには、短期滞在ビザという査証を現地の大使館や総領事館へ申請しなければなりません。このビザは俗に観光ビザ短期ビザとも呼ばれます。

そして短期ビザには、細かく分けて親族訪問知人訪問短期商用の3種類がございます。短期ビザを球技に例えると、それぞれサッカー、野球、テニスに分類できるようなものだとお考えください。

短期商用に関しては、商用というワードが入っているためビジネス色が強い短期ビザだと想像できますが、親族訪問と知人訪問の区別は少し知識がないと明確に分けることができません。

例えば、いとこは親族訪問ではなく知人訪問で申請します。これはご相談いただいた方の中でも勘違いしている人が多く見受けられます。

そのためこの記事では、親族訪問と知人訪問の違いに焦点を当てて、

  • 親等によって親族訪問か知人訪問かが決まる
  • それぞれの申請における必要書類の組み合わせ
上記2点を中心に解説し、あなたがどちらの短期ビザに該当するかを説明していきます。

1.親等によって親族訪問か知人訪問かが決まる

親等とは親族関係の近さを示す等級のこと

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、親等とは親族間の近さを表す数字だと考えてください。そして数字が少ないほど親族間の距離が近いことを意味します。

例えば、あなたからみた父や母、配偶者の父や母、子どもなどが1親等に該当します。また配偶者の兄弟や姉妹は2親等に該当します。

そして短期滞在ビザにおいて、配偶者・血族及び姻族(3親等以内)親族訪問で申請することになっています。つまり、3親等以内の親族であれば必ず親族訪問で申請しなければなりません。

内縁関係(事実婚)の場合、法律上の配偶者には該当しないため知人訪問で申請することになります。

親族訪問に該当する人

3親等親族表

分かりやすく説明するため図を作成してみました。

原則、ここに記載されている親族は全員親族訪問で申請します。例えば配偶者の姪っ子さんや、配偶者の母の妹さんなども親族訪問で申請が可能です。また繰り返しになりますが、いとこは4親等に該当するため、いくら資料を整えたとしても親族訪問で申請はできません。

言い換えるとこの表に記載されていない方については、知人訪問で申請することになります。

ここまでで、誰が親族訪問に該当して誰が知人訪問に該当するかは理解していただけたかと思います。次からは申請にあたっての必要書類について説明していきます。

2.それぞれの申請における必要書類の組み合わせ

親族訪問における関係性の証明資料

2-1.親等が近い場合

短期ビザの申請は原則、提出された書類のみで審査が進んでいきます。そのため、

招へい人
申請人(来日する人)は私の母親です

というだけでは親族関係があると認められず、きちんとその証拠となる証明資料を添付してはじめて大使館・総領事館は審査を進めていきます。

では仮に母親を招待する場合、親子関係を証明する資料として何が求められるでしょうか?

日本であれば戸籍謄本などで親子関係を証明することができますが、海外では出生証明書(Birth Certificate)という名称が一般的です。通常の申請書類に加え、この出生証明書を添付することで審査官も、

大使館・領事館
申請人(来日する人)と招へい人(招待する人)の間にはきちんと親子関係があるんだな

と判断してくれるようになります。

親子関係を表す資料は申請人の国籍によって異なります。例を挙げると、中国では親族関係公証書などを準備します。

2-2.親等が遠い場合

例えばあなたの配偶者の母親の兄、つまり伯父を招待する場合はどういった資料を用意すればよいでしょうか?

この場合も同様に、書類上で申請人と招へい人の親族関係を証明する必要があるので、出生証明書(Birth Certificate)を使用します。ただ、出生証明書は基本的に親子の関係を証明した資料となるので、1枚の出生証明書ではあなたと伯父の関係を証明することはできません

結論から申し上げると、このケースでは4枚の資料が必要になります。

  1. 私の配偶者はAさんです
  2. Aさんの母親はBさんです
  3. BさんはBさんの親から生まれました
  4. 伯父もBさんの親から生まれました

このように順を追って説明していけば、あなたと伯父の関係をきちんと書類上で表すことができます。ちなみに(1)は日本側の戸籍謄本で証明が可能で、(2)~(4)にかけては相手国の出生証明書で証明することができます。

少し複雑になりますが、親子関係のみを証明する資料であっても、上記のように複数枚を組み合わせることによって3親等の離れた親族の関係性も証明することができます。あなたから順番に繋げていくという発想を持っておきましょう。

知人訪問における関係性の証明資料

知人訪問は3親等より離れた親族や友人、恋人などが該当します。

知人訪問においては、役所からこのふたりは友人ですなんて資料は発行されませんので、自分で関係性の証明に使えるようなものを探すことになります。具体例を挙げると、

  • ふたりの写真
  • SNS(LINE・WeChat・Facebookなど)の履歴
  • プレゼントを送付した際の伝票
  • 国際通話履歴
  • 手紙の写し
などが申請に使用できると考えてよいでしょう。他にも、あなたたちにしかないオリジナルなものがあれば証明資料として提出していきましょう。

ただ、より多くの資料を提出すればするほど、審査のリスクは上がっていきます。中でも、SNSの履歴や手紙のコピーを提出する場合は、

  • ビザに関する内容
  • 社会通念上不適切な表現・会話

このふたつに気を付けて適宜提出するものを選別してください。

まとめ

  • 3親等以内は親族訪問、それ以外はすべて知人訪問
  • 親族訪問の場合は出生を証明する資料で関係を繋げる
  • 知人訪問の場合は写真・SNS履歴などで関係性を証明

親族訪問の場合は申請人(来日する人)にも取得してもらう書類があるので注意しましょう。

またこれもよく依頼者様から相談を受けますが、婚約者は親族訪問には該当しません。婚姻手続きをしていない以上は交際相手として申請するため知人訪問になります。