短期滞在ビザの日本国査証と証印の見方がわかるチェック箇所15

短期滞在ビザの日本国査証と証印の見方がわかるチェック箇所15

海外で暮らす友人や恋人、親族、取引先を日本へ短期間(90日間以内で)招待するには、短期滞在ビザという査証を現地の大使館や総領事館へ申請しなければなりません。このビザは俗に観光ビザ短期ビザとも呼ばれます。

そして、無事にビザの許可が下りるとパスポートの査証ページ(スタンプが押されるページ)に日本国査証が、実際に日本へ渡航して上陸審査を受けたあとは証印が貼り付けされます。

日本で過ごしている外国人は原則、この査証証印のシールが日本に滞在できる証明となるので、そこには滞在の期限や在留が許可された日数、ビザを発給した大使館・総領事館の名称など様々な情報が記載されています。

そこで、この記事ではそんな「日本国査証」と「証印」の見方を詳しく解説していきます。

  1. 日本国査証のチェック箇所11つ
  2. 証印のチェック箇所4つ
合計15つの項目を説明しますので、来日する外国人だけでなく、あなたも与えられた短期ビザの概要をきちんと理解できるようにしておきましょう。

なお、ビザを取得してから実際の入国・滞在までの流れに関しては別の記事で解説しています。興味のある方は下記のページも参照してみてください。

短期滞在ビザの取得から入国までの一般的な流れと手続きのすべて

2017.05.16

1.日本国査証のチェック箇所11つ

実際の画像

日本国査証

こちらは私が作成した参考画像になりますが、これとほぼ同じシールが来日する人の査証ページにペタっと貼られます。

(1)から(11)まで番号を振っていますので、ひとつずつ順番に見ていきましょう。

1.Place of issue(発給地)

短期ビザが発給された大使館・総領事館の名称が記載されます。今回のケースでは「MANILA」と記載されているので、このビザは「在フィリピン日本国大使館」で発給されたことが分かります。

2.Date of issue(発給日)

審査が完了し短期ビザを発給した日が記載されます。参考画像には「29 APR 30」とあるので、2030年4月29日にビザが発給されたことになります。

3.Date of expiry(有効期限)

今回発給されたビザの有効期限が記載されます。ここで注意してほしいのは、在留の期限ではなくビザ自体の期限であるという点です。

つまり、この日までに日本へ渡航しなければならないという意味です。この日までに日本を出国しなければならないという意味ではありません。

「29 JUL 30」とあるので、2030年7月29日までに入国しなければなりません。そして、入国した日から在留期間のカウントがスタートします。15日間の許可が下りていれば入国日から15日間滞在できることになります。

ちなみに、15日間の許可であろうと、90日間の許可であろうとビザ自体の有効期限は3ヵ月です。在留期限とビザの有効期限を混同してしまう方が多いので気を付けてください。

4.No.of entries(入国回数)

入国できる回数が記載されています。1回限りのビザであれば画像のように「SINGLE」と表記されます。つまり、一度出国するとそのビザは消滅してしまいます。なお、何回でも入国できる短期ビザは「MULTIPLE」という表記になりますが、弊所では数次(MULTIPLE)のビザはお受けしておりません。

数次(MULTIPLE)の短期ビザは富裕層やビジネスマンなど一部の限られた人に発給されるものだとお考えください。観光目的で数次ビザを取得するのはハードルが高くなります。

5.For stay(s) of(滞在可能期間)

日本国内にて滞在できる日数が記載されています。短期ビザは15日間、30日間、90日間の3種類しかありませんので、必然的に「15DAYS」「30DAYS」「90DAYS」のどれかに該当します。

(3)にも関連しますが、仮に90日間の許可を受けてビザの期限ギリギリの2030年7月28日に日本へ入国した場合でも、きちんとその日から90日間のカウントが始まるので安心してください。

90日間や30日間で申請したのに、30日間(15日間)などの日数で許可が下りることも稀にございます(回し許可)。そのため、許可が下りたらまず希望通りの日数で滞在できるかを確認するようにしてください。

6.Category(ビザの種類)

与えられたビザ(在留資格)の種類が記載されます。短期滞在ビザであれば画像のように「(V) AS TEMPORARY VISITOR」という表記になります。

なお、恋人訪問であっても、親族訪問・短期商用であっても「(V) AS TEMPORARY VISITOR」とのみ記載されます。

7.Surname/Given name(申請人の名前)

今回来日する人の名前が記載されます。ちなみに参考画像には「タンキ ビザコ」さんの名前が印字されています。

なお、こちらも念のため相手さんに、パスポートに記載されている名前と同じかどうかを確認してもらうよう伝えておきましょう。

8.Passport No.(パスポート番号)

申請人(来日する人)のパスポート番号が記載されています。

9.Sex(性別)

申請人(来日する人)の性別が記載されています。

10.Date of birth(生年月日)

申請人(来日する人)の生年月日が記載されています。

11.Nationality(国籍)

申請人(来日する人)の国籍が記載されています。

以上が日本国査証シールの概要になります。番号を割り当てていない部分に関しては、重要ではないので説明を省いています。なので無視していただいて構いません。大切なのは(3)と(5)です。

2.証印のチェック箇所4つ

実際の画像

短期滞在証印

これが実際の証印です。縁がギザギザになっており、サイズは切手よりひと回り大きいです。

証印も査証シールと同じように、上陸審査が終わったあと査証ページ(スタンプが押されるページ)に貼り付けされます。これがパスポートに貼られると上陸の手続きは完了です。正規に滞在できるようになります。

1.許可年月日(Date of permit)

原則、上陸審査の終わった日が許可年月日となります。実際に日本へ渡航してきた日という認識で構いません。

2.在留期限(Untill)

日本で正規に滞在できる期限が記載されています。ここに記載のある日付を過ぎてしまった場合、オーバーステイ(不法残留)となりますので十分注意してください。

ちなみにオーバーステイになってしまった場合、帰国後1年間(または5年間)は日本に再度入国することができなくなります。

3.在留資格(Status)

与えられた在留資格の種類が記載されています。厳密にいうと、ビザ(査証)と在留資格は性質が異なりますが、今のところは同じと考えておいても構いません。

4.在留期間(Duration)

申請人(来日した人)が日本に滞在できる日数を記載しています。原則、(2)在留期限から(1)許可年月日を引いた数だとお考えください。

現地の日本大使館・総領事館から15日間(30日間)の許可をもらっている場合、ここにも同様に「15days(30days)」と表記されます。

まとめ

  • 日本国査証はビザの有効期限と滞在可能期間をチェック
  • 証印は在留期限の確認を忘れずに
日本国査証と証印の見方をざっと解説しました。見ていただくと分かるように、証印に関しては査証シールに記載されている内容とほぼ重複します。

また在留期限には特に気を付け、必ず期限内に帰国してもらうようにしてください。次回以降の申請がかなり不利になります。