短期滞在ビザの「滞在期間・滞在日数」で知っておきたい3つのこと

短期滞在ビザの滞在日数

このページでは、短期滞在ビザ(観光ビザ)の特徴のひとつである「滞在期間・滞在日数」について説明しています。海外の恋人や友人、取引先を招待するにあたって、どれくらいの期間で申請すればいいのかはみなさんが悩むところです。

そこで、申請時に最低限気を付けておきたい3つのポイントを紹介します。

まず、短期滞在ビザでは最長90日間日本に滞在することができます。

1.滞在期間は最長90日間|15日枠・30日枠・90日枠の3つから選択

まずは滞在期間・日数を決めよう

最長90日間と書きましたが、厳密には15日・30日・90日の3種類から選ぶことになります。

  • 1週間(7日間)日本に滞在するなら「15日」
  • 3週間(約20日間)日本に滞在するなら「30日」
  • 2ヵ月間(約60日間)日本に滞在するなら「90日」

このように、滞在してもらいたい期間に応じて枠を選択・申請することになります。

申請先の大使館や総領事館、代理申請機関(旅行代理店など)に支払う料金・手数料も基本的には変わりません。15日で申請したから安くなるとか、90日だから値段がアップするなんてことはありません。原則同じ料金で申請できます

また、審査にかかる期間もそこまで差はありません。勿論、15日間で申請した方が滞在予定などの確認事項は少なくなるので、早く決定が下りる傾向にありますが、そこまで違いはないと考えてください。大使館・総領事館の混雑状況等にもよりますが、だいたいみなさん1週間~2週間程度で審査は終了しています。

ここまで読み進めると、

招へい人
じゃあ特に予定も決まってないし、できるだけ長い間一緒に居たいから、とりあえず90日で申請しようかな

と考える方もいるかと思いますが、ちょっと待ってください。
実はそんなに単純ではありません。審査のハードルが変わってきます

2.滞在日数が増えるにつれ厳しくなる審査基準

「とりあえず90日」は要注意

15日間より30日間、30日間より90日間と、日本での滞在期間が長くなればなるほど審査の基準も厳しくなっていきます

極端な例ですが、

招へい人
彼氏・彼女を日本に呼んで一緒に東京ディズニーランドへ行きます

という理由で「90日間」の短期滞在ビザを申請すると、大使館や総領事館の審査官は、

大使館・領事館
そんなに長く日本に滞在してどうするの?本当は別のことを考えてるんじゃないの?

という反応になるわけです。

一度疑問を持たれてしまうと、そこから先の審査がかなり慎重になるのはみなさんも想像できるかと思います。

通常であれば、「あぁ書き間違いね」と見過ごされるような部分でも、「○○と××で書いてる内容矛盾してるけど」と厳しく審査されれば、申請した滞在日数の違いだけで不許可になるなんてことも充分にあり得ます。

回し許可について
90日枠で申請した際、大使館の判断によって30日15日で許可をもらえることがあります。
ただ、この「回し許可」はかなり稀なので、通常は不許可となります。
回し許可を狙って多めの日数で申請するのはおすすめできません。
  • 今回、自分が恋人・友人・取引先を招待することになった経緯や理由
  • 来日予定の人がいつ入国して、どこで何をして、いつ出国するのか

などの情報は滞在期間によらず、申請書類を作成する上で必須ですが、90日枠で申請する際は15日枠・30日枠以上に細かく具体的に滞在予定を調整することが許可のポイントになります。

招へい人
東京ディズニーランドへ行きたいので、90日間で申請します

ではなく、

招へい人
×月×日に×へ行って、×月×日から×月×日にかけては×を訪れます。そして、×月×日に(中略)~このような予定を組んでいるので、90日間で申請します

このようにできるだけ詳細な予定を立てた上で書類の作成にあたってください。なお、実際は滞在予定表という書類に必要事項を記入していきます。

短期滞在ビザの滞在予定表の書き方と絶対に押さえておくべき11の項目

2017.03.30

短期滞在ビザ申請に必要な書類「滞在予定表」

2017.03.28

また、短期滞在ビザ(観光ビザ)で就労することはできません。ここは本当に気を付けてください。

90日間の滞在だと、やろうと思えば簡単なアルバイトくらいはできてしまうので、そういった角度からも大使館・総領事館は慎重に審査を行います。

短期滞在ビザでの就労について
短期滞在ビザ(観光ビザ)でお仕事をすることはできません。れっきとした法律違反になります。ただ、商用(研修や商談)での入国は認められていますので、詳しくは下記の記事をご覧ください。

商用・ビジネス目的で短期滞在ビザを申請する際の3つの条件

2017.03.06

3.理にかなった内容であれば、90日間でも許可は下りる

いろいろ書きましたが、90日間で申請しない方がいいかというと、そうではありません。きちんと筋の通った経緯や理由、滞在予定を伝えることができれば、90日で許可が下りる可能性は十分にあります。例えば、

  • 数年前に今の交際相手と知り合い、現在も順調に交際を続けている
  • 海外に長期赴任していて、そこでお世話になった人にお礼がしたい
  • 結婚して日本で一緒に暮らしたいので、今のうちに日本での生活に慣れてほしい

このような理由があれば、その他にもたくさん条件はありますが、90日間で許可が下りる見込みはあるといえます。逆に、

  • 先月ネットで知り合った人を日本へ呼んであげたい
  • あまり面識のない友人の友人を招待したい
  • 最近帰国したがまたすぐに日本へ呼びたい

これらの状況で90日間を申請することはおすすめできません。ただ、上記の事情があっても無事に許可をいただけるケース・実績はございますので、不安な方は一度弊所までご相談ください。

まとめ

短期滞在ビザ(観光ビザ)の滞在期間・滞在日数について説明しました。書類作成時のアドバイスとして、「16日間・32日間」などの半端な滞在期間を設定している場合は、できるだけ「15日間・30日間」へ変更・調整してください。

なぜなら、15日間(30日間)を1日でも超えてしまうと、30日間(90日間)の申請と同じ基準での審査になるからです。

32日間のビザは存在しないので、仮に飛行機のチケットを予約していたとしても90日間のビザが発給されます。それをラッキーと捉えるかは自由ですが、審査上は90日間での申請と同じ基準になることを頭に入れておいてください。

また、滞在日数を調整する目安としては、

  • 取引先との打ち合わせや商談、市場調査:~15日
  • 海外でお世話になった友人に日本を案内してあげたい:15~30日
  • 交際相手を日本に呼んで観光地を巡ったり自宅でまったりデート:~30日
  • 海外に住む配偶者の家族を日本に呼んで孫を見せてあげたい:30~90日
  • 日本で一緒に暮らす予定なので、結婚前に日本の文化・生活に慣れて欲しい:~90日

あたりを参考にして検討してみてください。