短期滞在ビザの延長・更新申請の必要書類「在留期間更新許可申請書」

短期滞在ビザの延長・更新申請の必要書類「在留期間更新許可申請書」

海外で暮らす親族や交際相手、取引先を短期間(90日間以内で)日本へ招待するには、短期滞在ビザという査証を現地の大使館や総領事館へ申請しなければなりません。このビザは俗に短期ビザ観光ビザとも呼ばれます。

そして短期滞在ビザの取り扱い上、

  • 人道上の真にやむを得ない事情
  • 上記に相当する特別な事情
これらのどちらかが認められると、例外的に延長(更新)許可が与えられます。

今回の記事では、そんな短期ビザの延長・更新申請において必要となる在留期間更新許可申請書について詳しく解説します。

在留期間更新許可申請書とは

申請の概要を記載する書類

まず、在留期間更新許可申請書(以下「申請書」)は延長・更新申請には必須の書類です。全2枚で構成されており、この書類を見るだけで今回の申請のおおまかな内容が把握できるように設計されています。

  • 申請人(来日している人)の個人情報
  • 延長・更新を希望する理由
  • 在日親族・同居者の有無
上記のような記載事項を埋めていくことになり、特に延長・更新を希望する理由に関しては別途申請理由書で詳細に記述していきます。ただ、この申請書も審査において非常に重要な書類となりますので、なるべく審査で有利になるよう作成していきましょう。

在留期間更新許可申請書は誰が作成するのか

延長・更新申請で提出する申請書は、申請人(来日している外国人)の名義で作成します(原則)。しかし、申請人(来日している人)が不自由なく日本語の読み書きができるとは考えにくいので、ほとんどのケースでは日本側の協力者身元保証人が代筆するかたちになるでしょう。

**の理由で申請人を招待したが、未だ目的を達成できていないので延長したい

本来、短期滞在ビザの延長・更新はこのような過程を経て申請するものなので、通常は申請書に限らず、短期ビザ取得時の招へい人身元保証人が多くの書類を準備・作成することになります。

在留期間更新許可申請書の書き方

在留期間更新許可申請書

こちらが実際の延長・更新申請で使用する申請書(1枚目)です。(0-1)から(25)まで番号をふっていますので、ひとつずつ確認していきましょう。

在留期間更新許可申請書の書式は入国管理局WEBサイトからダウンロードできます。

(0-1) 管轄の入国管理局

滞在先を管轄する入国管理局の名称を記入します(原則)。管轄が不明な場合は入国管理局のWEBサイトを参考にしてください。

なお、申請人(来日している人)は短期ビザ取得時の招へい人・身元保証人の自宅に滞在しているケースが多いと予想されますので、その場合は下記を参考にしてみてください。

  • 埼玉県内に滞在している“東京”入国管理局
  • 愛知県内に滞在している“名古屋”入国管理局
  • 京都府内に滞在している“大阪”入国管理局

(0-2) 証明写真(4cm×3cm)

写真に関しては一般的な証明写真で構いませんが、直近3ヵ月以内に撮影されたものを準備してください。また、写真の裏面には申請人(来日している人)の氏名を記載しておきましょう。

(1) 国籍・地域

申請人(来日している人)の国籍を記載します。「地域」と記載があるのは、香港やマカオなどのいわゆる特別行政区、台湾などの国民に配慮したものなので、該当する申請人以外は特に気にする必要はありません。

(2) 生年月日

申請人(来日している人)の生年月日を記入します。パスポートを参考にしながら記載しましょう。

(3) 氏名

申請人(来日している人)の氏名を記入します。こちらもパスポートを参考にブロック体で記載してください。氏名が漢字表記の場合は、漢字とアルファベットを並列して表記します。

例:張 守望(ZHANG SHOUWANG)

(4) 性別

申請人(来日している人)の性別を丸で囲みます。トランスジェンダー・GIDなどに該当する方は、戸籍上の性(生物学的性)を丸で囲むようにします。

(5) 出生地

申請人(来日している人)の出生地を記入します。多くの国ではパスポートに出生地(Place of birth)の記載がありますので、そこから転記してください。

(6) 配偶者の有無

申請人(来日している人)に配偶者がいれば「有」、いなければ「無」を丸で囲みます。

(7) 職業

申請人(来日している人)の本国での職業を記載します。無職であれば「無職」と記入しましょう。

(8) 本国における居住地

申請人(来日している人)の本国での住所(都市名まで)を記載します。(5)の出生地と一緒にしないよう気を付けてください。仮に中国の北京市で生まれて現在上海市に暮らしている場合、この項目には「上海市」と記入します。

(9) 住居地・電話番号・携帯電話番号

申請人(来日している人)の日本での滞在地を記入します。日本側協力者(短期ビザ取得時の招へい人・身元保証人)の自宅に滞在している場合は、当該協力者の住所を記載しましょう。番地等は省略のないよう注意してください。

電話番号に関しては、本来申請人(来日している人)の番号を記載しますが、日本側協力者の自宅・携帯電話番号を記入しても問題ないと解されます。

(10) パスポート番号・有効期限

申請人(来日している人)のパスポートに印字されている旅券番号を転記します。有効期限に関しては「Date of expiry」や「Valid until」の欄を参照してください。

(11) 現に有する在留資格・在留期間・在留期間の満了日

短期ビザの延長・更新申請を行いますので、在留資格の欄には「短期滞在」と記入します。

「在留期間・在留期間の満了日」に関しては、パスポートの査証欄 (スタンプが押されるページ)に貼り付けされている証印(下記画像)を参照してください。在留期限日がそのまま在留期間の満了日に該当します。

短期滞在証印

短期滞在ビザの日本国査証と証印の見方がわかるチェック箇所15

2017.05.20

(12) 在留カード番号

短期滞在者には在留カードが発行されませんので、「該当なし」と記入します。

(13) 希望する在留期間

原則、90日間を超えない日数で記入します。シビアな審査が想定されますので、必ず今回の更新申請にふさわしい延長日数を記載してください。30日間の延長で目的が達成できるのであれば「30日」と記載し、どうしても90日間の延長が必要な場合は「90日」と記入します。

過去1年間に合計180日以上、短期ビザで滞在することになる申請人は注意が必要です。

短期滞在ビザの日数制限「180日ルール」が理解できる2つのポイント

2017.07.26

(14) 更新の理由

延長・更新を希望する理由を記載します。この項目に関しては、別途申請理由書でも記載するので、申請に至るまでの現状を簡潔にまとめた上で、理由(育児が大変・治療が必要など)を記述しておきましょう。

(15) 犯罪を理由とする処分を受けたことの有無

申請人(来日している人)が日本や海外において、これまでに何かしらの罪を犯し処分を受けた場合は「有」を丸で囲み、罪状や具体的な処分の内容を記載します。

犯罪歴のない方は「無」を丸で囲んでください。

(16) 在日親族及び同居者

申請人(来日している人)から見た、日本で暮らしている親族等の情報を記載します。

  • 身元保証人あなた
  • 招へい人あなたの配偶者
  • 申請人招へい人の妹
仮に上記の組み合わせ(いわゆる親族訪問)で来日している場合は、申請人から見て招へい人(あなたの外国人配偶者)が在日親族に該当します。なお、在日親族に関しては同居の有無を問いません。他に留学生として来日している親族がいれば、同居していなくてもその方の情報を記載します。

また同居者に関しては、同居している人全員分の情報を記載します。血縁関係や国籍に関係なく、共同生活を送っている人の情報はすべて記入してください。

枠内に収まらない場合は別紙を作成します。

「続柄」には申請人と在日親族の関係(姉,伯母,甥など)、また同居人との関係(姉の夫,弟の妻の父など)を記載します。

妻の妹の短期ビザを延長する場合、申請人(妹)から見てあなたは「姉の夫」と表記されます。

「同居」の項目には、申請人(来日している人)と現在同居しているのであれば「はい」に、離れて暮らしている親族に対しては「いいえ」を丸で囲みます。

「勤務先・通学先」に関しては省略等せず正式名称を記載し、外国人については「在留カード番号(特別永住者証明書番号)」も不備のないよう記入してください。

次からは申請書の2枚目について解説していきます。

在留期間更新許可申請書

(17) 滞在目的

申請人が来日に至った目的にチェックを入れます。日本で暮らす親族に会うため訪日したのであれば、「知人・親族訪問」にチェックしましょう。

(18) これまでの訪問先・活動内容

  • どこに滞在し
  • どこを訪れ
  • 何をしていたか
上記3点をカバーするかたちで、申請人の来日後から現在に至るまでの行動を記載します。

(19) 今後の訪問先・活動内容

仮に短期滞在ビザの延長・更新申請が許可になった場合の活動予定について記載します。記載のポイントは(18)で紹介している3点と同じです。

なお、(18),(19)に関しても別途申請理由書で触れることになりますので、そこまで詳細に記述する必要はありません。

(20) 出国予定年月日・出国予定港名

仮に短期滞在ビザの延長・更新申請が許可になった場合の、申請人(来日している人)の出国予定日を記載します。(13)で記入した「希望する在留期間」の範囲を超えないように注意してください。

出国予定港に関しては、日本から出国する際の空港名を記入してください。地方空港から成田国際空港へ移動し、そこから帰国する場合は「成田国際空港」と記載します。

(21) 航空券所持の有無・便名

申請人(来日している人)の帰国用航空券を準備・予約しているのであれば「有」に丸をつけ、フライトの便名(例:JL 741など)を記入します。

現時点でチケットの手配をしていなければ「無」を丸で囲ってください。

(22) 所持金額

申請人(来日している人)が現時点で保有しているお金を日本円換算で記載します。

(23) 代理人(法定代理人)

原則、短期滞在ビザの延長・更新申請は、申請人(来日している人)と日本側協力者が揃ってお近くの入国管理局へ出向くことになるので、この項目は「該当なし」で構いません。

(24) 署名・申請書作成年月日

これまで記載した内容が事実であることを確認した上で、申請人(来日している人)の署名をもらってください。

必ず本人の自筆で署名してください。

最後に、申請書を作成した年月日を記入します。なお、延長・更新申請においてそこまで気にする必要はありませんが、提出書類の有効期限はおおむね3ヵ月で設定されています。

(25) 取次者

こちらは「該当なし」と記入してください。

申請人に代わって申請書類を提出できる制度のことを申請取次制度といい、病気等の特別な事情で申請人が直接申請できない状況においては、例外的に取次者を指定できるケースがあります。

在留期間更新許可申請書のまとめ

  • 申請概要を記載する書類
  • 申請人の名義で作成
  • 一部項目は申請理由書で説明
短期ビザ取得時においての申請書類の提出先は、海外にある日本大使館・総領事館でしたが、今回の延長・更新申請では日本国内にある入国管理局が審査を行います。そのため、作成する書類や添付資料が大幅に変更されている点に注意してください。

また繰り返しになりますが、延長・更新申請はとりわけ不許可率が高く、人道上の真にやむを得ない事情またはこれに相当する特別な事情があってはじめて許可が与えられることには十分留意する必要があります。