短期滞在ビザの日数制限「180日ルール」が理解できる2つのポイント

短期滞在ビザの日数制限「180日ルール」が理解できる2つのポイント

海外で暮らす友人や彼氏・彼女、取引先を日本へ短期間(90日間以内で)招待するには、短期滞在ビザという査証を現地の大使館や総領事館へ申請しなければなりません。このビザは俗に観光ビザ短期ビザとも呼ばれます。

そして短期ビザで日本に滞在する際、忘れてはならないひとつのルールがあります。

それは直近1年間で180日間以上の滞在が原則認められないというものです。これは恋人(彼氏・彼女)訪問や知人訪問・短期商用訪問についても違いはありません。

大使館・領事館
1年間のうち半分以上日本に滞在しないでね

この180日ルールはあまり知られていないため、弊所の依頼者様からも、

招へい人
どの日を基準にして180日間を計算するの?
身元保証人
短期ビザを取得しても入国できない場合があるって本当?

上記のようなご質問を受けることがちらほらあります。そのため当記事では、

  • 180日間の計算方法
  • 180日ルールが存在する意義
これらふたつについて詳しく説明・解説していきます。

1.180日間の計算方法

滞在予定の最終日が基準になります

短期ビザで日本に滞在した日数が1年間で180日を超えるといけないことは先ほど説明しましたが、この1年間の基準になるのは今回の申請における滞在予定期間の最終日です。

仮にあなたが交際相手を招待するにあたって、

6月1日に恋人が日本に入国、7月1日に帰国

このような滞在予定を組まれた場合、7月1日から遡って去年の7月1日までの1年間が計算の基準となります。つまり、6月1日から7月1日までは30日間なので、申請を行う時点で150日(180日-30日)以上過去に日本へ滞在していれば180日間をオーバーしてしまうことになります。仮にオーバーしているとすれば、ビザの取得はかなり厳しくなるでしょう。

許可された滞在日数は関係ありません

もうひとつの要点として、これまでに許可が下りた滞在日数は計算において関係ありません。実際に申請人(来日する人)が過去日本に滞在した日数の合計で180日間を超えているかどうかを判断します。

分かりやすく説明するため、前々回に90日間、前回で30日間の短期滞在ビザが付与された申請人の例を考えます。

この方がそれぞれ、きっちり90日間・30日間日本に滞在してから帰国していれば、90日+30日=120日を既に使用していることとなり、今回の申請では60日間以上の滞在が原則認められません。

しかし前々回の滞在で、90日間のビザを保有しながらも50日間しか滞在しなかった場合、累計の滞在日数は50日+30日=80日となり、今回の申請にあたって100日間残っている状況になります。つまり、今回も90日間のビザ取得を狙えるということです。

数字がたくさん出てきてややこしくなってしまいましたが、許可されたビザの日数ではなく、実際に日本で過ごした日(パスポートの査証ページにスタンプされている日付)をもとに計算しなければならないことを最低限理解しておいてください。

なお、計算はどれだけ細かくなっても構いません。90日+90日も、15日+15日+30日+10日+20日+50日+40日も同じ180日に変わりありません。

2.180日ルールが存在する意義

あくまでも“短期”滞在です

そもそも、なぜ短期滞在ビザには180日ルールが設けられているのでしょうか?

招へい人
ビザを取得して正規に滞在している以上、日数制限を設けるのはおかしいのではないか?

と疑問に感じる人もいるかもしれません。そこでこの章では、短期ビザの概要から説明していきたいと思います。

本邦に短期間滞在して行う観光、保養、スポーツ、親族の訪問、見学、講習又は会合への参加、業務連絡その他これらに類似する活動
【入国管理局WEBサイトより】

短期ビザの定義は上記のとおりです。

  • 観光
  • 親族訪問
  • 業務上の打ち合わせ

これらを目的として短期ビザを申請してくださいと記載されています。

そして、ここでひとつ例を挙げてみます。

日本にはよく遊びに来るの?
私は観光が大好きだから、1年のうち半分は日本にいるよ

いかがですか?おそらくほとんどの方はこの会話に違和感を覚えたかと思います。同じように、ビザの申請先である日本大使館・総領事館の担当官も同じ気持ちで審査を行うことになるでしょう。

それはもう観光ではなくて日本で生活してるよね……

つまり、1年の半分(約180日間)以上の滞在はもう“短期滞在”ではないと判断されてしまいます。そのため、

大使館・領事館
日本で生活したいのであればそれに見合った他のビザがあるので、それを申請してください

という理由で短期ビザの申請が不許可になってしまいます。これに関してはいくら大使館・総領事館に掛け合っても相手にしてくれません。180日を超えて日本で一緒に過ごしたい場合は他のビザ(配偶者ビザ・就労ビザなど)を検討しましょう。

まとめ

  • 1年の間に180日以上滞在してはいけない
  • 現時点で予定している帰国日が1年の基準日となる
  • 180日以上の滞在を希望する場合は短期ビザ以外で検討
勿論、特別な事情があれば180日を超えて滞在することは可能です。日本滞在中に交通事故に遭い入院が必要になった、出産予定日を迎えたため飛行機で帰国するのは母子に負担がかかってしまうなど、どうしても帰国できない状況があれば特別に在留を認められるでしょう。

また現地の大使館・総領事館がビザを発給しても、空港での審査で入国を拒否されるケースがありますので、日数が微妙な方は事前に確認を取ってから申請に臨んでください。

加えて、査証免除国(アメリカ・韓国など)に該当する外国人であっても、180日間を超える滞在を希望する際は空港で厳格な上陸審査が行われることもあるので注意してください。