短期滞在ビザ申請で使用する証明写真のチェックポイント5つ

短期滞在ビザ申請で使用する証明写真のチェックポイント5つ

海外で暮らす友人や彼氏・彼女、親族、取引先を日本へ短期間(90日間以内で)招待するには、短期滞在ビザという査証を現地の大使館や総領事館へ申請しなければなりません。このビザは俗に観光ビザ短期ビザとも呼ばれます。

そして、短期ビザの申請には来日する外国人の証明写真が必須になります。写真は現地の窓口へ直接提出するため、申請人(来日する人)が自分で用意しなければなりません。

当記事では、そんな証明写真の取り扱いについて詳しく説明・解説しています。常識的なことしか書いていませんが、申請前に今一度おさらいしておきましょう。

証明写真で意識するべき5つのポイント

サイズ(45mm×45mm)

最初は証明写真のサイズです。一般的なパスポートの写真サイズは35mm×45mmなので、短期ビザ(査証)の写真サイズも同じと考えがちですが、実は異なります。短期ビザは45mm×45mmの証明写真が規定となっておりますので注意してください。

撮影の時期(6ヵ月以内)

上記に加えて、短期ビザの証明写真は6ヵ月以内に撮影されたものという決まりがあります。また白黒ではなくカラーの写真を撮影しておきましょう。

画像構成

  • 申請人(来日する人)の顔全体、首、肩が写っている
  • カメラに向かって真正面を向いている
  • 無背景かつ鮮明に撮影されている
最低限のルールとして上記3点は守っておきましょう。

メガネはなるべく外しておく
レンズの色や反射、影を指摘される可能性があります。

服装

背景と同化するような服装(白シャツなど)は避けた方がいいかもしれません。なお、宗教的な理由があって独自の装いをされる方は事前に日本大使館・総領事館へ確認してみることをオススメします。

枚数

原則は1枚のみ準備すれば問題ありません。ただ一部の国や地域では2枚提出する必要がありますので注意してください。

2枚必要な国・地域
ロシア,ウクライナ,ベラルーシ,モルドバ,アゼルバイジャン,アルメニア,ウズベキスタン,カザフスタン,キルギス,タジキスタン,トルクメニスタン,ジョージアなど

最後に、顔写真貼付時は簡単にはがれないよう、きちんと糊付けをしてもらってください。

まとめ

  • サイズは45mm×45mm
  • 6ヵ月以内に撮影されたもの
  • 正確な画面構成
  • 眼鏡などは外す
  • 服装と写真の枚数に注意

日本が発給するビザ・査証には申請人(来日する人)の顔写真が転記されるため、それなりに厳しく見られます。ルールに沿った写真を提出しないと申請自体が拒否されてしまうので、最初から短期ビザ申請に相応しい証明写真を用意するよう心掛けましょう。