学生や転職活動中の方が短期滞在ビザの保証人を立てるべき2つの理由

学生や転職活動中の方が短期滞在ビザの保証人を立てるべき2つの理由

海外で暮らす友人や恋人、親族、取引先を日本へ短期間(90日間以内で)招待するには、短期滞在ビザという査証を現地の大使館や総領事館へ申請しなければなりません。このビザは俗に観光ビザ短期ビザとも呼ばれます。

そして短期ビザを申請する方法には、

  • 申請人(来日する人)が自分で書類を準備・作成
  • 招へい人(招待する人)が日本で書類を準備・作成
上記のふたつがあります。

短期滞在ビザの申請方法2つと来日する人の収入・預貯金額について

2017.04.23

申請人(来日する人)が無職であったり、安定した収入が見込めない状況であれば日本側で代わりに書類を作成してあげることになりますが、その場合は日本側の収入状況が許可をもらうためのキーポイントとなります。

当サイトでも度々紹介していますが、弊所の経験上、年収250~300万円が審査のボーダーになると考えてよいでしょう。

来日する方の国籍や居住地域によってボーダーは異なるので、年収が上記の額を下回ると不許可になるという意味ではありません。

依頼者様の中でも、所謂一般企業に正社員として勤務している方には依頼者様がそのまま招へい人と身元保証人を担う一人二役を案内していますが、学生さんフリーター転職活動中の方には別途身元保証人を立てるよう案内するケースがほとんどです。

短期滞在ビザの「招へい人・身元保証人」が気をつけたい3つのルール

2017.02.11

そのためこの記事では、学生さんやフリーター・一時的に無職の方が海外から恋人や友人を招待する場合に焦点を当てて、

  • 審査における保証人の収入要件
  • 申請人(来日する人)の就労制限
このふたつを中心に、別途保証人を立てる必要性について解説していきます。

身元保証人の収入要件について

大使館・総領事館は安定した保証力を要求する

仮に申請人(来日する人)が非常に裕福で、お金に関して一切の苦労がない生活をしているのであれば単独でビザを取得することができます。極端な話、私たち行政書士やあなたのサポートがなくてもスムーズに審査は進んでゆくでしょう。

そしてその理由は、申請人本人に身元保証力があると大使館・総領事館が認め、日本側でもしものための金銭的援助を受ける必要がないと判断するからです。

大使館・領事館
この人であれば何かトラブルがあってもきちんと解決できるだろう

しかし日本と海外では物価も異なるため、私たちが海外で「安い」と感じることはあっても、海外の方が日本に来て「安い」と感じる場面はかなり少ないと思われます。海外で平均的な生活をしているからといって、日本で現地と同じ金銭感覚で滞在できるとは限りません。

加えて日本は外務省ホームページにも記載されているように、67の国・地域に対してビザ免除措置を実施していますが、その大部分は日本と同程度の生活水準を誇る、ヨーロッパなどの北半球を中心とした地域という現状です。

つまりビザ免除措置を実施していない国(フィリピン・ベトナム・中国・ロシアなど)に対して日本は、各国の政権や国際情勢など様々な要因にも影響されますが、個人の身元保証力をはじめからあまり信用していないと言い換えることもできます。

大使館・領事館
私たちが事前に審査を行った上で日本入国ビザ(査証)の発給可否を決定します

そのため、短期ビザの申請方法には単独申請の他に、

  • 日本側の身元保証人の金銭的保証力をもって招待を行う方法
が用意されており、保証人の安定した収入状況を根拠として審査官はビザの発給を決定します。

また依頼者様の中には、現地の弁護士やエージェンシーへ何十万円と送金を行ったが不許可になってしまったという相談もちらほらお受けします。

他にも、代理申請機関の職員さんからこの案件であれば日本側で保証人を立てた方がいいと直々にアドバイスを受けてから弊所にご依頼いただくお客様も少数ながらおられます。

以上の理由から、申請人が自分で短期ビザを取得するのはハードルが比較的高めに設定されており、日本側の協力者(招へい人・身元保証人)と一緒に申請を行う方が許可を貰える確率が高いことを念頭に置いてください。

勿論、申請人がひとりで申請を行っても絶対に不許可になるわけではありません。あくまでも、日本側で書類を準備してあげた方が許可の確率が上がるという話です。

では、なぜ大使館・総領事館は身元保証人の安定した収入状況を審査の過程で要求するのでしょうか?

申請人は日本で就労活動ができない

短期滞在ビザはお仕事のできないビザ

海外渡航中にお金が無くなってしまった場合、現地でお金を稼いで帰国旅費をまかなうことは誰しもが考えると思います。しかし、短期ビザではそれが認められません。お仕事をすることは法律上禁止されているからです。

民泊業界でもフリアコ(※)で出入国管理法違反による逮捕者が出て一時話題となりました。

(※)フリーアコモデーション
居住スペースを無償で提供してもらう代わりに客室清掃などの業務を行うこと。

そのため短期滞在ビザで入国している人が諸事情でお金を用意できなくなってしまった場合、働くことはできないので必然的に誰かからお金を援助してもらうことになります。

また、そんなに都合よくお金を恵んでくれる人がいないことは大使館側も把握しているため、もしものために金銭的な援助が可能な身元保証人を日本側で準備するよう要求しているのです。

たとえ申請人(来日する人)が自分で帰国旅費をまかなうと言っていても、トラブルが起きた場合は身元保証人の収入額や預貯金に依存してしまうので、審査官は保証人に安定した収入があるかどうかを慎重に検討します。

以上の理由から、フリーターや学生の方が身元保証人になった場合、

大使館・領事館
滞在費や帰国旅費が十分に保証されているとは認められません

と判断され不許可になってしまう可能性が想定されるため、弊所では別途身元保証人を立てるよう案内しています。

なお、身元保証人になってもらう方の優先順位としては、

  1. 親または兄弟姉妹
  2. その他の親族・親戚
  3. 友人・職場の同僚

を参考にしてください。招へい人(招待する人)と身元保証人の関係が希薄になればなるほど審査上不利になるためです。

まとめ

  • 学生やフリーターの方は別途身元保証人を立てる
  • 短期ビザは就労不可なので保証人の安定した収入状況が必須
  • 年収のボーダーは250~300万円

契約社員の方であれば招へい人と身元保証人の一人二役を案内する場合も多々ありますが、稀にフリーターの方であっても今回の記事によらず別途身元保証人を立てないで申請を行えるケースがございます。個々の状況によって判断致しますので、気になる方はお気軽に弊所までご相談ください。

ちなみに、具体的な身元保証人の条件注意事項に関しては冒頭で紹介している短期滞在ビザの「招へい人・身元保証人」が気をつけたい3つのルールで詳しく解説していますので、そちらも是非ご覧ください。